読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココ壱カレーで甘口オプションができるようになったのを聞いて試してきた

CoCo壱番屋のカレーですが、いつもハヤシライスを選択するくらい嫌っていた私でしたが、とうとう私好みのカレーが提供されたのでその感動を記録しておく。今日がココ壱を見直すことになる大変重要な日になろうとは思いもよらなかった。

 

きっかけは以下の記事をたまたま見たことによる。

headlines.yahoo.co.jp

 

私は、普段カレー屋とラーメン屋はあまり利用しない。なぜかというと、人より顔汗を多くかいてしまうからだ。スパイスは私の体内ですぐに反応し、発熱、冷却機能が作用する。スポーツで汗を流すなら話は別だが、出先で吹き出す汗は苦手である。あとカレー屋利用したあとの服につくカレーの匂い、スーツ着てる平日なんて絶対に利用しない。

 

カレーに関する私の嗜好についてだが、昔から甘ーいカレーが好きである。あのりんごと蜂蜜のバーモンドカレーの影響か?擦り込みに近い形でいまだに記憶に残っている。


1980 ハウス バーモントカレー - YouTube

 

カレーを熱く語る人は、しばしば、辛いものが正義とし、パンチがなければカレーは認めないとか、その店で最も辛いカレーが甘かったりしたら、故意に食べ残して店主を挑発したりとか、辛さことカレーの本質と言わんばかりの価値観を押し付けてくる。当然だが、彼らは甘口派を認めようとしない。実際、ものすごく辛くて有名なカレー屋の店内では、辛いカレーで汗を流すことは男の勲章であり、至福だとでも言いたげな世界。あ〜この人らはある意味幸せな人たちなんだろう。女性や子供はこの神聖なるスパイシーなカレーに触れることすらできないような空気が漂っていて、私は苦手である。

 

CoCo壱番屋のカレーは、カレーに対する多様性を認め、良い意味で受け入れてくれている。みんなを受け入れるその姿勢こそが、現在のココ壱の強さなんだと思う。こだわりすぎると家族経営の域から抜け出すことはできない。せいぜい数十店舗が限界だろう。そんなお店の経営陣たちは、「ココ壱は特徴がなくて美味しくない」と言う。いつか忘れたが、ココ壱の特集をしていた番組で、ココ壱社長が「100点満点のカレーではなく無難なカレー」と言ってたが、このコメントに対して、中小のカレー屋経営者達は「100点のカレーじゃないものを出す神経が分からない」と怒る。ああ、この人たちは、カレー経営を味でしか判断できないのだ。自分たちの味の安定性を棚に上げて、気分で味が変わるような運営しかできないのに。美味しさすら客観視できない中小経営者達がどれほど多いことか。こんな人らは現代社会の経営には向かない。

 

さて、今日は日曜日ということもあり、家族で近所のココ壱へ。

 

最近のココ壱はジャズが流れているのか。漫画を置き始めていたことは知っていたが、利用するたびに店舗が変化してきている。メニュー表も以前と違って分厚く、商品メニューも増えている。これは新人は大変だろうな。案の定、オーダーを受けてくれた若い男の子は、多すぎるメニューを素早く処理できていなかった。

 

今回、甘口オプションを採用したココ壱で注文したものは、

チキンと夏野菜カレー2甘

f:id:star5109:20150608002908j:plain

最初から5甘にチャレンジしようとしたが、あえて次回の楽しみにとっておいた。

 

いい感じですね。これまでも辛さはいつも普通にしていたが、良くなった。

嫁が注文した辛さ普通と比べたけど、全然違うことを確認。これはもうココ壱の別ブランドのカレーでも良いのかなと思うくらい味に感動した。

 

これまで、ココ壱の唯一の弱点である、甘口派をどう取り込むのかという課題を見事に解決しそうな予感がする。少なくとも私はまた来ても良いと思うほど感動した。これでココ壱にまた弱点が無くなった。

オーダー時の標準化はまだまだ課題があったり、店の方向性は決して完成形ではないにせよ、その運営努力自体はひしひしと伝わってきた。彼らも 必死なんだな。こんなにも運営努力しているココ壱に、他のカレー屋は太刀打ちできるのか?いや、すでにココ壱という巨大な組織に弱小零細 カレー屋らが勝てる見込みはこれっぽちもない。これでいいのか?カレー業界。

 

 

Dマガジン好調らしいですね

Dマガジン、ドコモユーザーであるがまだ利用していない。しかし、世間ではDマガジンって支持されているんですね。

 

ywnb.net

 

 

すごくポジティブな使い方を提案してくれている人とか

inkyodanshi21.com

 

 

人それぞれですが、月額400円で130誌以上を自由に読めるなんてまずビジネスモデルどうなっているのか気になってしまう。それくらいタダ同然の情報を提供しているのか。

聞くとこによると肝心の見たいページは制限がかかっているので結局その雑誌買ってしまうという。う〜む、ドコモさんの術中にはまってしまっているのか?

これから試して、検証してみたいと思います。

 

 

 

会社の良いところを10個以上あげてください

あるセミナーでの話。

「サラリーパーソンが自分の所属する会社を改めて見つめなおす」という試みで標題の「会社の良いところを10個以上あげてください」というお題がありました。

 

集まっているメンバー20名の発表を見ていると、ほとんどの人は4つか5つで苦しんでいるんですね。そんなに書けないものなの?ちなみに私は普通に15個書けたんですけど。

 

会社の悪いところならいくらでもかけるとドヤ顔で言う参加者もいました。そんな気持ちで働いていたら不満ばかり募るだろうに。ところが、それを口にする方は、勤続年数10年位の中堅社員でした。聞けば技術職といいます。正直すぎるところは逆によかったんですけど、少なくとも会社に献身的ではないでしょうね。しかし、会社に入社したての頃からそんな割り切り感でいっぱいだったとは思えません。様々な要因が重なり、リカバリーされないまま、やる気をなくしてしまったんだと推測できます。なぜ割り切るようになったんでしょうか?推測の域を超えられませんが、このような状態になっている会社の組織には必ず問題があることははっきりと分かります。

 

もし、ある上司が会社の良いところを挙げられない状態でいると、部下はどうなるのでしょうか?考えるだけでゾッとします。

 

このセミナーを通して気がついたのですが、参加者の中に「自分の都合ばかりを考えて今を生きている人」が存在していたことです。少なくともこのセミナーは幹部(とその候補)向けのセミナーですよ。最近の新卒生ならともかく、40代以上でこのような考え方をしている人がそれぞれの会社で幹部になっているなら・・・若者は大変苦労することになりますね。

自身を大きく見せたがる大学研究者の話

某大学のMBAプログラムの中にあるちょっと特殊な授業に参加しました。

 

教壇に立っていた先生は他大学の非常勤講師。

何でも「サービスを創造する」研究において有名な人なんだと。授業中、友人がすかさずググってたようですが、ほとんど出てこなかったとか。まあいいですよ。

経歴とかで判断せず、先入観持たずに傾聴しましょうか。

他大学から招聘しているあたり、相当の実力者なんでしょう。

どんな驚きがあるか、自身が学べるなら何でもいい。期待が膨らんでいた私がそこにいました。

 

 結論から先に述べとくと

 

 

 

 

 

非常に違和感を覚えてしまいました。

 

この違和感の原因は一体何なのか、授業中に分からなかったのですが、

原因に近いものをひとまずメモしておこうと思いました。

未来にもしかしたら、別の発見があるかもしれません。

 

別にこの講師を批判するつもりないです。

これ読まれた方は誤解なさらないようにお願いしますね。

 

こうやって学びを得れたのですから感謝しています。

反省するとしたら、授業中に満足に反論できなかったことでしょうか。

でも、他の学生がいる手前、あまり先生がmakeする授業を壊したらいけませんよね。

大人ですから(笑)

 

 

では、原因と思われることを列挙してみます。

 

1.授業録音、スライドの撮影は禁止を主張し、かつ、レジュメすら用意しないこと

スマホの発展のおかげで録音、撮影をやっている人はちらほら見かけます。

勝手に撮るな。これは正論でしょう。でもレジュメ用意しないのはいただけない。

仮にも授業料払っているんですよ。サービスの授業においてホスピタリティが欠落しているこの矛盾、なんとかならないでしょうか。

 

2.日本排他主義の超アメリカかぶれであることを自慢すること

先生が何にかぶれてても良い。個性も重要でしょう。ただ、自慢は必要ない。

こちらで判断しますから。あと、日本人なのに本気で日本を良くしようと思っているなら、あまり国内企業ではたらく人たちを悪くいうことはいただけないです。

 

 

3.国内MBAにおいてはサービス分野の研究や実績がまだ浅いこと

先生にとって、向かい風の領域。認知、拡大のために日々努力されておられるのだと察します。でも、人ってやっぱ実績ありきで判断してしまうんですよね。アメリカなんて実績で評価決まるんじゃなかったでしょうか。先生が国内トップ企業で社外取締役をいくつも兼任してたら見る目変わってくるんでしょうね。

 

4.非常勤講師で30代と比較的若いということ

これも向かい風でしょうね。立ち向かう姿勢はすごいと思います。

でも30代の研究者、職業柄、上の老人たちが出て行かないからポストができるまで苦労しますね。一方、若くてバリバリ評価される職業は実務家しかないのかも。

ザッカーバーグ並のプログラミング能力あれば、先生はアイデアたくさんお持ちのようなので、いくつもイノベーティブな会社作れるんじゃないかと。

 

5.組織マネジメント分野は専門外

年上の人達をあんまり好まない。虐げられた結果なんでしょう。

当然、MBA専門用語はよく知ってらっしゃる。けど、実践方法や検証結果には

あまり興味がなさそうでした。理論ばかりじゃ実務の人達は動かないですけどね。

学者と実務家のギャップが大きいことに違和感覚えました。

 

6.Google先生リスペクト

先生が作ったことばですかそれ。

仮にも授業なんだから、ネット住民の専売特許をとらないで欲しいです。

若い学生も引いているじゃないですか。それにネット検索ばかりで知識貯めこむと

学者として致命的なような。

それよりも、文献、本を紹介してください。

 

 

先生「イノベーションを創出するために、まずは世の中のサービスの定義がどのように変遷してきたかを学ぶことは重要だ。」

 

おっしゃるとおりです。それは分かります。

 

イノベーションを起こしてきた企業例

IBMマイクロソフト、アップル、Facebook

 

なるほど、この先生いわゆるアメリカIT企業リスペクトしてるんだなと。

他の学生がどう思っているかわからないけど、

あたかもMBAの学生にジョブズザッカーバーグ目指せと言わんばかりのメッセージ。MBA取得者は、本来はヒトを使う側にいるのだから、リーダーシップを発揮していって欲しいと思う。

 

突っ込みどころ多いです。

あと、グリーとかDeNAとか日本のネット企業が眼中にないのが寂しい。

せめてソフトバンクの事例出してよ。

 

私なんとなくですが分かるんです。この先生、目上の人に対しての敬いがないから、

あんまり相手されないんだろうな。ピラミッド階層で若いポスドクや研究者が虐げらている日本独特のアカデミックな世界にいるから、一生懸命己を大きく見せようとして学生にリスペクトされようと必死なんです。

でもその手法は、20代前後の若い学生とか、同じ世代の研究者にしか響かない

もちろん、先生もかつては「日本企業を良くするぞ」と張り切っった時期あったんでしょうが、「やっぱあの老人ども変わらね〜からダメだ」と帰結しているオーラ出まくり。

 

30〜40代なると、やはり今所属する社会での調和も求めるわけで、なんでもかんでも日本文化を壊していいもんじゃない。話が極端すぎる。

 

日本企業のことをあまり大切にしない日本の学者ってMBAで何教えたいんでしょうか?このあたりにも違和感覚えました。ご自身も国内の大学に所属されているのに、

「あんたらの給料は我々民間人の税金で賄われていることを忘れんなよ。。。。」

と言いたかったです。

 

で、代わりに次の質問したんです。

私「マイクロソフト、アップル、Facebook はタイプ異なるIT企業だけれども、CEOもしくはCo-Founderがプログラミングのことをかなり高いレベルで熟知しているからこそ成功した企業ではないのか。もちろん後から登場するCFO、CMOらがより強い企業への発展に貢献したことも忘れてはならないけど、創業者らが極めて高いITのレベルを持っていることが前提とならないでしょうか。」

 

良い質問だと褒められました。ありがとう先生。

要するに、MBA持っててもITスキル低いんじゃサービスの創造なんて出来るのか、と遠回しに言いたかったんだけど。特にこの某大学の学生はITスキルが低い。バックグランドが人文とか経済ばかりなので、仕方ないのかも知れませんが、プログラミングひとつできないようじゃ、国内はおろかグローバルで戦えないぞ、という意見です。

 

先生「ザッカーバーグプログラマーでしょうか?」

私「元プログラマーですね。今経営者ですから。」

先生「いいえ、ザッカーバーグはマーケッターです。」

私「えっ?」

 

なんじゃそりゃ。それってプログラマーの役割は経営においてそれほど重要なファクターでないとおっしゃりたいの?プログラマー馬鹿にしているね。

ザッカーバーグが最初からマーケッターって名乗ってたんでしょうか。

これですよ、MBAって事例を後付けするから、ストーリーが脚色されている違和感。

 

先生「ザッカーバーグのITのスキルは、皆さんとさほど変わらないです。重要なのはIT専門家とコミュニケーション出来る程度の知識を持っていることです。」

 

唖然としました。ああこの先生プログラミング何も知らないんだと。

超人の外国人のだれかに「ITなんてだれでも出来る」と吹き込まれたのでしょうか。

確かに彼らには出来ると思うけど、達人になるには数学力が必須なんですけどね。

中学高校の数学教育を削って1億総文系を目指す日本に、そんなことできるとは思えませんけど。

 

私の反論虚しく、誰も加勢してくれない空気がでてたので、この先生に反論することやめました。

 

先生「IT専門家とコミュニケーション出来る程度の知識があれば良い」

 

言ってくれますね。それがプログラミングを熟知していることなんだよと補足したい。

コンピュータサイエンスは文系学者が語れるほどあまくないんですよ。

 そして、やっぱ出た、イノベーションの授業で頻出のRubyの話。

ただし、先生はRubyがブレークしていることは知ってても、Rubyがブレークした要因をあまりしならない模様。その浅い知識は、習いたての学生エンジニアならコミュニケーションできるけど、アメリカでバリバリコード書くスーパーエンジニアには鼻で笑われるレベルということを分かってほしいです。

 

それと、イノベーション起こす理論は重要だけど、それ実行するのはヒトです。

このあたりが私の最大の違和感だったのではないでしょうか。

 

やはりビジネススクールは実績ありき、実例で語られる方がしっくりきますね。

 

 

犬が散歩を必要としているように人もエクササイズは必要

先日とある講演会に参加しました。

コーチ・エイの伊藤会長は、自らの健康維持のため、毎日ジョギングしているそうです。エクササイズの選択肢が多い中、ジョギングを選択した理由が面白かったのですが、

「人類は霊長類の中で最も長く走ることができる」

ということから。

なるほど、そういう視点でエクササイズすることはなかった。

4つ足動物の限界?ともいうのでしょうか。

こういった視点から自らの肉体維持を行っているモチベーションづくりがとても参考になりました。

 

私もこのあたりの知識を補強したいですね。

だれかよろしければオススメの本あったら教えてください。

 

私はスイミングを継続してかれこれ4年になりますが、

小学校で辞めてしまった水泳を30代になってから再開したので、

最初は水が重かったことを覚えています。

今では毎日水泳しないと逆に調子が出ないほどになってしまいました。

毎日犬が散歩を必要としていることの意味がわかったような気がします。

 

一方で、ジョギングはといえば、

昔からマラソンをはじめとする長距離はあまり好きではない。

スタミナには自信あるけど、どうしても途中でふくらはぎが痛み出す。

 

筋肉の付き方も違っているので、長距離用の筋肉に食生活を含めて全面改良しなければならない。

マラソンマン阿川さんのフレーズ思い出しました。

 水泳からマラソンに競技を転向し困難を克服していく激アツ漫画です。

 

 

 

 

暗黙知を害と思わない人たちの話

セミナー参加者と暗黙知について意見交換しました。その重要性をうまく伝えられなかったことを反省し、もう少し考えてみようと思います。参加者は技術系のいわゆる職人タイプの方でした。

 

ディスカッションポイントは、

「新人が入ってきた時に、先輩としてどんな方法で教育しているのか」という点です。

マニュアルはない(キリ  とのことでした。

「まじで?普通あるでしょ?」と耳を疑ったのですが、この業界では、口頭説明や動作観察で伝えなければ育成はできないというのです。よって、新人教育は、先輩が常につきっきりで作業を一緒にやりながら覚えさせる、これを1ヶ月続け、徐々に1人で経験を積ませる、3ヶ月あればほとんどの作業は覚えられる、というのが教育法ということでした。俺の背中を見て学べというどこかで聞いたような精神論です。(ここでは業界を詳しく紹介できませんが、職人気質が強い産業であることだけは言っておきます)

 

ディスカッションを続ける中で、特に「マニュアル」というキーワードに強く反応されていました。私自身のバックグランドはITなので、マニュアル、指示書主義の業界出身者からすれば考えられない話で、両者真っ向から意見がぶつかるわけなんですよね。指導の効率を高めるという考え方はなさそうです。ただ、緊急事態に出くわした際の紙の重要性という意見が他の人から出てきました。

 

そこで私は少しアプローチを変えてみました。もし、緊急事態、これまで教えられなかった発生確率の低い処理を新人は先輩の手を借りずにやりきれるのでしょうか?休日中に後輩から電話がひっきりなしに相談してくるは場合どうしますか?

 

当然ですが、新人にすべてを教えることはできません。緊急事態においては、マニュアルの事前準備の有効性は納得してくれました。ここでいうマニュアルはどちらかといえばコンティンジェンシープランなのでしょうけど、暗黙知をなくす動機づけにはなりそうです。

 

次に、暗黙知とコストの関係を理解すること。参加者は、教育に3ヶ月かけることで自身の生産性が落ちることを理解できていません。当然ですが、コスト管理も意識できないわけで、ここは経営者の問題になってしまうのかなと。その先輩社員が教育担当者として実作業を行わないで新人の育成に注力できるなら・・・そんな経営資源は中小企業にはありません。社長ができないならコスト管理、生産管理の部分を紐解いていかなければならないでしょう。まずは、コスト感覚を身につけさせる必要性を痛感しました。少なくともコスト感覚をどのように持たせるか?このあたりを切り口に次回ディスカッションしたいと思います。